食品工場での働き方手帖 > 仕事内容 > 出荷作業は責任感があり落ち着いた作業が出来る方に。体力も必須です。

出荷作業は責任感があり落ち着いた作業が出来る方に。体力も必須です。


「食品工場勤務」とひとくちに言っても、すべてのスタッフが同じ作業をしているわけではありません。
どの工程で働くかによって、作業内容は大きく異なってきます。
今回は、「出荷作業」に注目!

出荷作業のお仕事とは

出荷指示に従って品出しを行い、ラベルを貼り付けトラックへ積み込む。ここまでが出荷の作業です。
製品のサイズや重さによってフォークリフトを使用することもあり、その際は、フォークリフト免許を持った方が優遇されます。
難しいことは無く、製品を丁寧に扱える方、指示を間違わずに遂行できる方など、責任感を持ち、落ち着いた作業のできる方に向いたお仕事です。

入荷・仕分け・出荷がセットの場合も
先に挙げている、「入荷作業」と「仕分け」、そして今回の「出荷作業」をセットにして、求人する場合もあります。
その場合は、朝に入荷作業を行い、昼に仕分け、もろもろ他の工程を終えた後の製品を夕方に出荷する、という流れになるでしょう。
バラバラでの求人なのか、セットで担当することになるのか、気になる場合は確認しておきましょう。

制服
工場勤務であっても、作業箇所が衛生管理の求められる部分ではないことが多く、動きやすい私服、もしくはツナギなどの制服による作業となります。
帽子、マスク、手袋などの着用はほとんどありません。
髪の毛やネイル、メイクなどは、通常程度でOKな場合がほとんどです。

出荷作業のお仕事、福利厚生など

フォークリフトなど資格のある際は、手当の支給、もしくは時給に反映されることが多いです。
物流の都合上日勤が多いですが、自社で配送を行っている場合には、24時間勤務となり、夜勤があることもあります。

出荷作業のお仕事に求められるもの

荷物の積み込みなどを行いますので、力作業となります。また、体力も必須。
軽作業に分類されていても、あまり”軽”なイメージではないことがほとんどです。
体力に自信のある方に向いたお仕事と言えます。


関連記事