食品工場での働き方手帖 > 仕事内容 > 工場勤務の基本、ライン作業。コツコツが得意な方にピッタリのお仕事。

工場勤務の基本、ライン作業。コツコツが得意な方にピッタリのお仕事。


「食品工場勤務」とひとくちに言っても、すべてのスタッフが同じ作業をしているわけではありません。
どの工程で働くかによって、作業内容は大きく異なってきます。
今回は、「ライン作業」に注目!

ライン作業のお仕事とは

ライン作業とは、ベルトコンベアの前にスタッフが立ち、流れてくる製品に対して一人ひとりが決められた加工を行い、最終的に完成させるという、工場ならではのお仕事のこと。
スタッフの目の前を製品が通り過ぎる、この一瞬の時間内に終えられる作業であるため、お仕事内容は難しくなく、すぐに覚えて慣れることができるでしょう。
未経験でも、スムーズにスタートできるお仕事です。
反面、ベルトコンベアに乗って次々とお仕事が供給されることにより、トイレ休憩など勝手に行くことは許されません。
他の方に声をかけて一時的に変わってもらうなど、カバーが必須。
よって、トイレの近い方には不向きと言えるかもしれません。

コツコツ作業が好きな方向き
ライン作業を単調だと言う方もおられますが、やり方を工夫するなど自分流のアレンジを加え、より効率的に楽しみながら作業を行う方もおられます。
これは、適性による違い。
コツコツ作業の好きな方にオススメしたいお仕事です。

制服
長袖、長ズボン、帽子、マスク、手袋などの制服を着用します。
清潔必須なので、髪の毛はしっかりと帽子の中へ入れなければいけません。
ネイルはもちろん、メイクも禁止の場合が多いです。

ライン作業のお仕事、福利厚生など

ライン作業を取り入れている工場は、24時間稼働している場合がほとんどです。
夜勤あり・シフト制であることが多いので、自分の好きな時間帯で勤務が可能です。

ライン作業のお仕事に求められるもの

ひとつの作業にじっくりと取り組める方や、モノづくりの工程を楽しめる方にピッタリのお仕事です。
作業中は私語ができないほど忙しいことも多いので、コミュニケーションが苦手な方でも無理なく取り組めます。


関連記事