食品工場での働き方手帖 > 仕事内容 > 意外に体力必須な梱包のお仕事。製品を大事に思う心も求められます。

意外に体力必須な梱包のお仕事。製品を大事に思う心も求められます。


「食品工場勤務」とひとくちに言っても、すべてのスタッフが同じ作業をしているわけではありません。
どの工程で働くかによって、作業内容は大きく異なってきます。
今回は、「梱包」に注目!

梱包のお仕事とは

検品が終わった製品を、段ボールへ詰めていく作業です。
ベルトコンベアに乗って、どんどん流れてくる製品を扱うため、スピードが必須。その上で、製品を傷つけない丁寧さも求められるお仕事です。

ここに注意!
単純作業なので、誰にでもできると気軽にスタートすることの多いお仕事ですが、ひとつ注意点。
梱包後の段ボールは想像以上に重く、それを運ぶ際に腰を痛めたり、筋肉痛になることのあるお仕事です。作業上、立ち仕事かつ中腰など、無理な姿勢となることも少なくありません。
体力にあまり自信のない方は、事前確認が必要です。
お仕事をスタートさせた際には、休憩時間にしっかりと体を休めるなど、体調管理につとめましょう。

制服
長袖、長ズボン、帽子、マスク、手袋などの制服を着用します。
製造後の工程であっても、清潔は必須。髪の毛やネイル、メイクに関する禁止事項は厳しい場合が多いです。

梱包のお仕事、福利厚生など

食品工場は24時間稼働の場合が多いので、梱包のお仕事も交代勤務となります。
派遣社員やアルバイトであれば、交代勤務ではなく、夜勤専門として勤務することが可能な場合も。その際は、労働基準法により”時給25%UP”となるため、しっかりと稼ぎたい方にはオススメ。
また、繁忙期など、短期で募集されることも多いお仕事です。

梱包のお仕事に求められるもの

そもそも、なぜ梱包が必要なのでしょうか?
梱包をすることで破損を防ぎ、配送先まで無事に送り届けるため、と言えます。
そのために、適切なサイズの箱へ、適切な順番で、丁寧に入れることが求められるのです。
ただ単に、「箱に詰めればいい。」と考えているような方には適さないお仕事です。


関連記事