食品工場での働き方手帖 > 仕事内容 > 商品の安全を保つ部門・品質管理は、会社のプライドとも言えるお仕事。

商品の安全を保つ部門・品質管理は、会社のプライドとも言えるお仕事。


「食品工場勤務」とひとくちに言っても、すべてのスタッフが同じ作業をしているわけではありません。
どの工程で働くかによって、作業内容は大きく異なってきます。
今回は、「品質管理」に注目!

品質管理のお仕事とは

品質管理のお仕事は、食品の安全を保つために必要不可欠なものであり、企業のプライドでもあります。
多くのスタッフにより作られた商品を自信を持って消費者にお届けするために、非常に重要な部門なのです。
そんな品質管理のお仕事内容は、以下の通り。
・食品の検査と分析
・工場内用具の衛生管理
・勤務するスタッフの衛生管理
・製品の規格書(原材料やアレルギー物質など各種情報)作成
・クレームの原因調査
・工場内衛生に関するマニュアルやルールの策定
非常に多くの項目があり、管理と指導を行っています。

社員の指導も大切なお仕事
衛生管理に対する社内講習会を、実施することもあります。
各種マニュアルを作成し、ルールを徹底。チェックをすることも、品質管理の大切な役割です。

制服
長袖、長ズボン、帽子、マスク、手袋など、食品製造スタッフと同様の制服の場合もありますが、白衣着用のことも。
髪の毛やネイル、メイクに関しても、勤務スタイルや作業内容によって大きく変わりますので、気になる箇所は事前に確認しておきましょう。

品質管理のお仕事、福利厚生など

日勤のみであることが多いお仕事です。
日常勤務の場合には、残業などの少ないお仕事ではありますが、万が一のトラブル対応時には、第一線で活躍することになり、臨機応変な対応が求められます。
資格取得者には、資格手当があることも。
また、就職後に資格を取得する際には、補助が出る場合もありますので、事前に確認することをオススメします。

品質管理のお仕事に求められるもの

資格なし・未経験でも、採用可能な品質管理のお仕事もあります。
しかし、より深く品質管理のお仕事に携わりたいなら、食品衛生管理者の資格取得を目指しましょう。


関連記事